oriciro_logo

最新版ガイドブック

創薬およびバイオ製造におけるDNA合成技術の変遷と革新

whitepaper_dna_2

本業界では、遺伝情報の操作において、開発の初期段階から後期段階まで、PCRや細胞ベースのクローニングに大きく依存しているのが現状です。どちらも数十年の歴史を持つ方法論であり、生物学的研究や医薬品開発のあらゆる側面で深く浸透しています。これらは、パラダイムのようなもので、より効率的で柔軟な代替手段があれば、医薬品開発プロセスのさまざまな段階・さまざまな治療法や適応症において、開発期間の大幅短縮を実現します。

また、PCRと細胞ベースのクローニングはいずれも人手を必要とし、増幅された製品をコスト効率よく製造するために必要な時間、材料、プロセスの最適化を考えると、自動化には容易に対応できません。

本冊子では、次世代の生物学的研究や医薬品開発に向けて、これからの時代に求められるバイオ製造プロセスの要件と変革についてお伝えします。

 


 

本冊子はこのような方におすすめです

  • 大腸菌を用いたDNAクローニングを実施している研究者
  • PCRや大腸菌ではうまく合成、増幅できない配列をお持ちの方
  • 製薬企業の遺伝子治療、細胞治療関連の研究開発担当者

 

以下のフォーム送信後、冊子のPDFが表示されます。